ダンタリアンの書架 漫画4巻

読み終わり。

「ダンタリアンの書架」

漫画の4巻。

 

前巻の続きと、短編がチョコチョコ。

続くで終わる構成。

 

背景が緻密で良い感じ。

背景がある漫画と無い漫画じゃ重厚感が違うわ。

こういう時代物は、こうでなくちゃね。

好例っすね~。

 

物語はちょっと違和感がある場面が。

調香師の話でさ、親父が首をザックリ刺されたのにピンピンしてる?

幻書の力を使ったの?ありゃ?と言う所。

 

コマ割も、たまに違和感がある場面も。

違和感程度なので、そんなに気にならないと思いますが。

 

そんな感じです。

まぁオススメか。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中