超次元ゲイム ネプテューヌmk2

終わったー。

「超次元ゲイム ネプテューヌmk2」

プラチナトロフィー取るまで50時間位かかった。

 

オーソドックスなRPGっすね。

 

超次元ゲイム ネプテューヌの続編です。

話は全く繫がって無く、引き継ぎ要素も無しですけど。

ゲームシステムも前作と全く違って、ほんとに別ゲームって感じ。

戦闘とかも良くなったし、走る速さとかも丁度いい。

前作と比べると全体的に良くなってます。

 

相変わらずキャラ絵が素晴らしい。

イベントは3Dキャラ描写になってヌルヌル動きます。

絵を忠実に再現してるのは、結構凄いと思った。

萌えますね。

 

ストーリーは違和感がある所が結構あります。

外伝は、覚悟完了してないの?と突っ込みたくなるほどグダグダだし、

真剣勝負で、同じ敵キャラと何度も何度も何度も戦うのはおかしいし、

憎まれ口しか言わないキャラは意味不明だし、

ゲームタイトルのキャラは脇役だし、

突っ込みどころが満載です。

しかし、キャラが萌えるから全て許せます。

萌えは正義。

 

かなりいい感じで3Dキャラを作れてるから、

そのうち対戦格闘ゲームで出そうだよなー。

 

まぁそんな感じ。

点数を付けるなら、75点ぐらいか。

萌えが無かったら60点ぐらいw

結構楽しめました。

ぼちぼちオススメ。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中