オーディナリー・ワールド 2F

読み終わり。

「オーディナリー・ワールド」

2巻目。

 

三角関係になってからどうなるのか!?と言う所。

 

てか、途中から読むのが面倒になった。

主人公が優柔不断すぎてイライラ。

相変わらずオトメンという設定は活かされてないし、

妄想癖もネガキャンだしよ。

小説では斜め読みしない主義だが、

我慢できませんでした。

 

風紀委員長の登場とキャラ設定は1巻で予想が付いたが、

ほんとに予想通りだったからガッカリした。

いばら以外は全員優柔不断だから最悪の展開にまっしぐら。

自分から問題を解決に行くというのも見られないし、

何なんだ?この主人公は。

ヒロインもわけわかんねー。

 

てか、作者はどうしたいのかが見えない。

三角関係をこじらせたいの?ドロドロした展開にしたいの?

さっぱり方向性が見えないからワケが解らない。

正直、物語が迷走している感じがする。

巻数稼ぎをしているとしか思えない。

マジイミフ。

 

あと、ボーリングとかガーターとか何なの?

穴あけたり、ストッキングとか留めるバンドが何なの?

校正仕事しろや!!

あほか!マジクソ!

 

そんな感じ。

もうこのシリーズは買いません。

切り捨てます。

正直オススメ出来ません。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中