変態王子と笑わない猫。 小説版3巻

読み終わり。

「変態王子と笑わない猫。」原作小説版3巻。

 

少しネタバレして、内容に触れとく。

新キャラ登場です。そして謎が浮かび上がる。

猫神の暗躍。

王子の昔の記憶が飛んでる。

王子が思う100%の笑顔の持ち主(月子のだろうけど)

空気になりかけた梓の大躍進!

こんなところだろうか。

 

相変わらず鈍感な王子。

ファンタジーだから仕方ないか。

 

ぶっちゃけると、少し勢いが落ちてきた感じがしないでもない。

ていうのも、新キャラに押されて、既存のキャラが弱い感じがした。

個人的に、あまり登場人物は増やして欲しくなかったなぁ。

キツイかもしれないが、メイン4人で地盤を固め、話を回して欲しかった。

せめて3人娘で3冊やった後の4巻なら・・・!

そんな風に思いました。

むぅ。

 

まぁそんなでも、文章は安定。

読みやすいと思う。

カントクの絵も素晴らしすぎる!

やばいね。カントク。俺の中での絵師レベルがまた上がったよ!

 

そんな感じ。

けっこうオススメ!

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中