外房で海の幸食いまくりツアー

行ってきました。

千葉県の外房で海の幸を食いまくる一泊二日の旅。

ターゲットは、あわびと伊勢海老だ!

 

直行も味気ないので、フラフラと寄り道しながら。

 

 

 

 

 

大多喜城っす。

本多忠勝さんのお城らしい。

中身はもう当時の面影は全く無く、

無機質な博物館と化しています。

写真撮影禁止というオマケつきだぜ!

だめぽ。

 

何とか記念碑。

 

 

 

 

 

 

ブラジルだか何だかの船乗りが遭難したのを助けた記念碑らしい。

結構立派だった。

高台で見渡しもかなりいい。

初日の出とか見るスポットによさげ。

他には何も無いがw

 

あとは月の砂漠とか何も無い所も行ったが割愛w

 

さて飯だ!!

 

豪華だぜ!

 

 

 

うぃーーん!

うにょーん!

あわびさんが超動きまくってました!

蓋を閉めて蒸し殺害!

 

 

 

 

 

 

キャー伊勢海老様ー!

半分に真っ二つにされているのに、身がでっけぇ!!

おま!ちょ!切らなかったら、どんだけデカいんだよ!

立派なイチモツをお持ちで。

 

あわびさんは、ナイフでスイっと切れるほど。

予想以上の柔らかさでぺロりんちょ。

 

伊勢海老は、身がやべぇ。

きついわぁあああぁ!

中が!中がいっぱいになるのぉぉ!ああああああああ!

と口の中がヤバかったっす。

ぷりんぷりんのぽろりんで、締まりすぎ。身が。

 

ご馳走様でした。

 

誕生寺

 

 

 

 

 

ほぼ貸し切り。

お土産屋さんで悲痛な呼び込みがあった。

観光者が地震の影響で激激減したので、死にそうだと。食っていけないと。

世間一般では、自粛自重するのが美学であり、カッコイイと思っている人が多いので、

その人達が死なないと、この人たちも死んじゃうみたいだ。

辛いところですが、頑張って頂きたい。

とりあえず5千円ぐらい散財しといた。

 

 

 

 

 

 

少し萌え顔の像があった。

あんまこういう顔って無いよなぁ。

昭和10年製らしいよ。作った人は天才だと思う。

 

あとは、鯛の浦の遊覧船に乗った。

鯛の餌付けが不思議らしい。

専門家じゃないからよーわからんが、不思議みたいよ?

俺には鯛が餌に釣られて寄ってきているだけにしか見えなかったが、

その餌を食いに来るというのが世界的に珍しいらしい。

昭和天皇も見に来たみたいで、由緒ある場所とのこと。

へー。凄い所なんだねー。

 

帰り道の飯。

 

 

 

 

 

伊勢海老天丼。

何かゴテゴテしてるが、伊勢海老が1.5匹入ってる天丼!

ウマウマウーッ!

やっべぇよ!やべぇ!何がやべぇってアレがソレで、もうナニなんだよ!

マジすげぇ!超うめぇ!バクバクッ!って感じ。

伝わったでしょうか。この凄さが。ありがとうございます。

 

と言う感じでした。

 

えーっとですね、今回の旅で痛感した事は、

金をガンガン使えと言うこと。

観光しないと、観光地は潰れてしまう。それに伴うお店や旅館もだ。

旅館は俺らで貸し切りだったし、

どこに行っても人がビックリするほど少ない。

こりゃ日本経済は駄目になるかもね。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中