魔術書が欲しい

キッカケは謎。

魔術書が欲しい。

MP消費してなんちゃらー!とかではなく、

キチンと対価を支払い、それに見合う魔術が云々。。。

そんな事が書いてある本は無いだろうか。

 

いやぁ、魔術を使いたいとか、そんなのではないですよ。

 

何つーか、設定的な矛盾を指摘できる知能っていうか、

雑学的に、そういうのが知りたい。

 

グリモワールとかネクロノミコンとかソロモンとかなんちゃらー!

あああ!

今月は結構本を買ったから、来月に買おう。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

魔術書が欲しい への2件のフィードバック

  1. 小雪@FT より:

    ウィキペディアで充分だと思います。
    というより、体系だった知識としてグリモワールに代表される魔術書及び魔術の体系は成立していません。どの本もつぎはぎだらけです。
    元はといえばグノーシス主義などから派生したのですが、結局はその時々のキリスト教のアンチテーゼをつぎはぎしたもので、その時々の著者の創作物と考えてよろしいでしょう。
    そして、体系だった知識もそれぞれの教団、秘密結社毎に違いますし、表立ってそれらの知識が書物になって販売されることはありえません。
    何故なら、その教団や秘密結社に入団した者は外部にその一切を明かすのを禁じられているからです。
    魔術に白も黒もない、という事を私はある秘密結社の方から聞きました。
    市販されている書物もそういう禁忌や読んだものの安全を守る方法も書いてないので、素人が手を出すものじゃないんだそうです。
    クトゥルフ神話はフィクションですから、割り切って楽しめば良いのではないでしょうか。

    • yoshia928 より:

      小雪さんいらっしゃいませー。

      なるほどー。
      確かに本当に効果があったりする魔法があるなら、
      それを公開するわけは無いですよねぇ。

      萌え萌え魔法辞典で我慢しますw
      アドバイスありがとうございますー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中