“文学少女”と恋する挿話集3

読み終えました。

「”文学少女”と恋する挿話集」3巻。

 

夕歌や竹田さんの話がメインですかね。

本編後の未来のお話です。

 

途中から一気読みしました。

スイスイ行けて結構面白かったです。

 

まぁまぁオススメ出来るかと思います。

もちろん本編を読んだ人限定ですがね。

 

これにて、文学少女系は手持ちにある物は全て読破しました。

全部を通して見ると、まぁまぁ面白いと思います。

このシリーズの一番の魅力は、取り入れられる本の素晴らしさが、物語を通して理解出来る所。

美味しい所取りが出来る所がお得です。

使用されるセリフも洗練されていて、奇麗な感じがします。

なかなか良かったと思います。

 

ま、そんな感じです。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中