”文学少女”見習いの、卒業。

読み終わりました。

「文学少女見習いの卒業」

トイレでしか読まなかったため、かなり時間がw

文学少女の見習いの菜乃の物語の完結編みたいです。

 

前巻の終わり方が疑問だったが、

別に無くても良かったんじゃね?と思ったのは俺だけか?

何つーか理由が釈然としない。無かった方がいい。

あるよねー。無理矢理気になる終わり方させる物語。

そんな感じ。

 

内容はまぁ良かったと思う。

奇麗な言葉が使われているので、スッキリする気がする。

たぶん気のせいですが。

 

あと、もっと早く気付きたかったのだが、

俺は、読む順番を誤っているらしい。

発行された順に読めと、あとがきに。

おいおいー。まだ短編集2と3読んでねーよーw

つーことで、次は短編集の2巻行きます。

 

微妙におすすめです。

 

やべー小説のストックがあと2冊だ。

何か新しいの買わねば。。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中