CLANNAD ~Magic Hour~

ちゃちゃーと読みました。

「CLANNAD ~Magic Hour~」

なごみ文庫のCLANNADの長編小説です。

いつもの、ショートストーリーではないっす。

 

内容を少々ネタバレありで。

 

ゆきねぇのオマジナイで、朋也に好意を寄せている娘の気持ちを向けさせた春原。

智代と杏のやり取りがメインかな。

そのドタバタ劇です。

 

普通に面白かった。

ページ数も200ちょっとなので、丁度いい。

スイスイ一気読みでした。

春原のアホな一面と、カッコイイ一面がよく出ています。

女子の友情も見逃せない!

今までこういうの無かったかもしれない。

 

普通に面白いので、おすすめです。

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中