ミミズクと夜の王

読みたかった本が、本屋にある時っていいよねー!

買わずにはいられない病が発動!

ということで、

電撃文庫「ミミズクと夜の王」著:紅玉いづき

を読んだ。

死を望む奴隷の少女ミミズクと、魔物の王との心温まるお話です。

ミミズクの無知だからこその真っ直ぐな心。

そしてそれを受け入れる魔王。

ミミズクを救出した国の人々の温かさ。

捕らわれたにもかかわらず、優しさを持ち続けた魔王。

優しさに包まれた世界での出来事です。

この物語は、極上品です!!!

 

オビに泣いた。とか書いてるけど、納得ですね。

残念ながら俺は泣かなかったけど、感動しました。

ミミズクの最後の言葉がメチャクチャいい!

たぶん普通は泣けるレベルだと思う。

買いだよ!買い!損は無いと思う。

ということで、

超オススメ!!

広告

anpon928 について

わふー
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中